研課題
J-GLOBAL ID:200904008889481420  研究課題コード:6000001773 更新日:2008年02月15日

原爆被曝者のがん発症と遺伝子多型-免疫関連遺伝子を中心として

Relationship between Cancer Development and Genetic Polymorphisms among A-bomb Survivors, Focusing on Immune-related Genes
実施期間:2004 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究分野 (1件): 公衆衛生学・健康科学
研究概要:
本研究は、異なった遺伝的背景を持つ原爆被爆者における免疫学的指標および個々のがんリスクに及ぼす被曝線量の影響を明らかにすることである。そのためには、免疫関連遺伝子、炎症関連遺伝子、およびその他のがん関連遺伝子の多型に基づくがん高危険群を同定する必要がある。本研究において我々は、免疫関連遺伝子、炎症関連遺伝子およびがん関連遺伝子のSNPsとハプロタイプのデータと、放射線被曝のデータ、様々な免疫表現型データ、臨床データ、および病理データとを組み合わせることにより、他の研究では行うことができない多面的な解析を行う予定である。本研究により、従来の化学発がんの見地と異なる新たな免疫遺伝学的がん高危険群の同定が期待される。
キーワード (6件):
ゲノム ,  放射線 ,  免疫 ,  炎症 ,  がん ,  分子疫学
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 林 奉権
研究制度: 経常研究

前のページに戻る