研課題
J-GLOBAL ID:200904008961272564  研究課題コード:0250005009 更新日:2001年12月17日

農作物中の残留農薬検査結果

Survey of pesticide residues in agricultural commodities
実施期間:1999 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
平成11年度に実施した食品中の残留農薬検査結果をまとめた。県内産農作物18検体中13検体,輸入農作物15検体中13検体の計33検体中26検体(79%)の農作物で12種類の農薬の残留が認められた。県内産農作物では鉛が,輸入農作物では鉛,イマザリル及びチアベンダゾールの検出割合が高かったが,食品の規格基準や登録保留基準に違反するものはなかった。また,過去の調査と同様,輸入オレンジやレモンからイマザリルとチアベンダゾールがともに検出されることが多かった。
キーワード (13件):
残留農薬 ,  野菜 ,  果実 ,  有機塩素系農薬 ,  ピレスロイド ,  有機リン系農薬 ,  含窒素農薬 ,  N-メチルカーバメート農薬 ,  鉛 ,  ヒ素 ,  イマザリル ,  チアベンダゾール ,  ベノミル
研究制度: 経常研究

前のページに戻る