研課題
J-GLOBAL ID:200904009044507095  研究課題コード:9800012670 更新日:2001年03月29日

有機農業確立推進事業

Promotion project for the establishment of organic farming
実施期間:1989 - 1993
研究概要:
健康・安全性指向の消費者ニーズに対応した有機農業を支援するため,有機質資材を主体とした肥培管理法,生物的・物理的・耕種的病害虫制御法及び雑草制御法の現状と有機農産物の収量及び品質の解析を実施するとともに,農薬と科学肥料に依存しない有機栽培技術の確立と普及に努める。また,広島県南部沿岸・島しょ部地域で特産野菜や花き類に甚大な被害を与えているシロイチモジヨトウの核多角体病ウイルスを利用した総合防除技術の確立を図る。水稲では,1)被覆資材利用による水稲生産力と水田生態系への影響,2)レンゲ草生不耕起直播栽培における雑草制御の可能性,3)捕食性天敵の害虫抑圧力に対する薬剤の影響度の評価,野菜では,1)有機栽培における環境条件(特に土壌)と収量,品質の関係,2)有機栽培における土壌の生物性の実態調査,3)有機栽培における生育障害の回避効果の検討,4)有機資材による土壌微生物相の変移と病害抑制効果の解明,5)核多角体病ウイルス,性フェロモン等によるシロイチモジヨトウ総合防除技術の確立,6)除湿資材利用による施設野菜の灰色かび病の効率的防除法
キーワード (15件):
有機農法 ,  総合防除 ,  消費者志向 ,  有機物施用 ,  生物的防除 ,  耕種的防除 ,  雑草防除 ,  核多角体ウイルス ,  マルチ ,  レンゲ ,  直播栽培 ,  天敵 ,  害虫防除 ,  土壌微生物 ,  性フェロモン
研究制度: 経常研究

前のページに戻る