研課題
J-GLOBAL ID:200904009109548150  研究課題コード:0250000305 更新日:2005年12月07日

千葉県広域ピロリ菌感染実態調査

A regional survey of helicobacter pylori infection in Chiba prefecture
実施期間:2000 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1994年WHOはヘリコバクター・ピロリ菌を胃がんの確実な発がん因子と認定した。また千葉県では年令調整死亡率でみると,県北利根川水系を中心に胃がんの好発地域が知られていた。本研究では千葉県全域を対象にピロリ菌感染率及び感染による萎縮性胃炎の地理的分布を調査し,胃がん発症との関連を明らかにする。調査対象者から2万人規模のコホート集団を設定し,千葉県がん登録を用いて胃がん発症の追跡を行う。
プロジェクト名: 千葉県広域ピロリ菌感染実態調査
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E166000000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る