研課題
J-GLOBAL ID:200904009471919205  研究課題コード:9800024370 更新日:2001年01月18日

地球温暖化に伴う気候変動メカニズムの解明及び影響に関する研究

Studies on the elucidation and the influence of the mechanism of climatic variation attendant on the global warming
実施期間:1990 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
1)研究目標 地球温暖化による地球規模での気候変動の解明、降水量、降水パターン及び発生頻度の変化を明らかにし、降水の変化が引き起こす影響を評価するとともに、地球温暖化による海面上昇の実態を把握し、上昇進行の予測精度を高めるほか、海面が上昇した状況で、各種の現象が発生した場合の影響の評価を行う。 2)研究計画 (1)海面上昇メカニズムの解明及び影響に関する研究。海水面水位観測システムにより基準海面水位の観測を行うとともに、海洋モデルを用いた数値実験及び衛星データの解析等により、海面上昇予測モデルの高度化を図る。また、地球温暖化にともなう海面上昇等の影響を評価する。(2)降水量変動メカニズムの解明及び影響に関する研究。過去における温度と降水の変動の解明と今後の降水量の予測及び降水量変化に伴う影響の予測に関する研究を行う。また、地表面乱流実験施設を用いて蒸発散過程を実験的に解明する。 期間内総予算496,036千円
キーワード (5件):
気候変動 ,  地球温暖化 ,  降水量 ,  海面上昇 ,  海面状態
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人防災科学技術研究所
研究予算: 1996年度: 48,537(千円)

前のページに戻る