研課題
J-GLOBAL ID:200904009619165027  研究課題コード:9800030727 更新日:2006年03月15日

マイクロバブルを用いた分離技術の研究

Study on the separation technology using microbubbles
実施期間:1994 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
1) 研究目標 直径10μm以下の微細気泡を発生させ、これを用いてサブミクロン粒子の 相互分離を実現するプロセスを開発する。そのため、微細気泡の発生条件、安定化条件を明らか にすると共に、気-液-固三相系の相互作用を支配する引力・斥力を解明する。これにより、 サブミクロン粒子と気泡の付着条件を明らかにし、粒子-気泡付着体の安定化を図る。さらに粒子 及び気泡の表面条件を個別に制御する方法を検討する。 2) 研究計画 本研究では、以下の 項目について検討を行う。(1)気泡の表面電位測定。(2)気泡-固体間の相互作用力の測定。 (3)気泡-気泡間の相互作用力の測定。(4)付着体の脱着力の測定。(5)サブミクロン粒子の 相互分離。 期間内総予算55,331千円
キーワード (7件):
泡沫分離 ,  気泡 ,  微粒子 ,  付着 ,  表面電位 ,  相互作用 ,  付着力
研究制度: 特別研究
研究所管省庁:
経済産業省
研究所管機関:
国立研究開発法人産業技術総合研究所
研究予算: 1996年度: 14,577(千円)

前のページに戻る