研課題
J-GLOBAL ID:200904009666134466  研究課題コード:9800042183 更新日:2005年03月23日

「SFU」搭載宇宙赤外線望遠鏡による赤外線天体サーベイ

Infrared survey of celestial bodies using 'SFU'-borne spatial infrared telescope
実施期間:1995 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (20件):
研究概要:
軌道赤外線望遠鏡「IRTS」は宇宙実験・観測フリーフライヤ「SFU」に搭載された液体ヘリウム冷却望遠鏡である.「SFU」は1995年3月18日に打ち上げられ,「IRTS」は3月30日から26日間に及ぶ赤外線サーベイ観測に成功した.これにより1)宇宙初期の星,銀河の形成に関わる赤外線宇宙背景放射,2)銀河系内の星,ガスの分布や物理状態を示す赤外線放射,3)宇宙塵の組成・成因の研究に役立つ宇宙塵放射,等について大量の高品位データが得られた.2003年度は,2002年度から公開を始めた赤外線天体カタログ等の整備をすすめ,世界の天文学研究者が一層利用しやすくした.
キーワード (4件):
天体観測 ,  赤外線望遠鏡 ,  銀河形成 ,  宇宙塵
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る