研課題
J-GLOBAL ID:200904009852686894  研究課題コード:0250002724 更新日:2003年12月11日

高濃度有機性排水の処理過程から放出される温暖化ガス亜酸化窒素の生成抑制手法に関する基礎研究

Control of nitrous oxide emission from ammonia rich wastewater treatment
実施期間:2000 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
地球温暖化ガスのN2Oは水処理過程において大量に放出されており,温暖化ポテンシャルがCO2,CH4より極めて高いことからその放出抑制対策が求められているが,これに関する研究例は少ない。高濃度の窒素を含有し,処理過程において大量のN2O放出が懸念される高濃度有機性排水を対象とし,その高度処理過程におけるN2O生成の削減手法について実験的検討を行う。すなわち,ORP/DO/pHセンサーを用いた運転制御法により硝化・脱窒反応を完全に進行させ,有機物・窒素の高度除去とN2O生成抑制が同時に達成可能なシステム開発を目指し,基礎的知見の収集を行う。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る