研課題
J-GLOBAL ID:200904010103040234  研究課題コード:9800045206 更新日:2003年12月15日

結合型亜硫酸に関する衛生学的研究

Hygienic study on combined sulfurous acid
実施期間:1996 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (5件):
研究概要:
食品添加物の中で,亜硫酸およびその塩類は漂白,保存,酸化防止等の効果があることから,広範囲な食品に使用されている。亜硫酸の使用基準は,他の食品添加物と異なり,遊離の亜硫酸(遊離型亜硫酸)以外にも,食品成分と結合した亜硫酸(結合型亜硫酸)を含んだ総亜硫酸の残存量で規制されている。食品に添加された亜硫酸はその大部分が結合型亜硫酸として残存しているが,この結合型亜硫酸の生体内での挙動,毒性等の評価はほとんどなされていない。したがって,本研究は個々の結合型亜硫酸を合成し,この合成品を用いて,食品中での存在形態と生体内の代謝,吸収等の挙動について検討する
キーワード (5件):
食品添加剤 ,  亜硫酸 ,  化学合成 ,  生体吸収 ,  代謝
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 0(千円)

前のページに戻る