研課題
J-GLOBAL ID:200904010326232712  研究課題コード:0450021625 更新日:2007年05月14日

惑星表面の粒子サイズ効果による蛍光X線強度・スペクトル形状変化の研究

Study on the change in fluorescent X-ray intensity and spectral shape by particle size effect on the surface of planet
実施期間:2002 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
惑星表面は平滑な面ではなく,レゴリスの代表的粒子サイズである数10ミクロン程度の微小凹凸で覆われている,この微小凹凸によって,各元素ごとの蛍光X線強度比が太陽位相角によって大きく影響を受けることが分かった.さらに実験およびモデル計算を進めることによって,粒子サイズ効果の定量化・定式化を進めている.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)
研究制度: -

前のページに戻る