研課題
J-GLOBAL ID:200904010549688807  研究課題コード:0250002977 更新日:2002年11月11日

機能性分子センサによる極限流体現象の解析と評価に関する研究 機能性分子センサによる超希薄流の解析と評価に関する研究

Study on the analysis and evaluation of ultimate fluid phenomenon using a functional molecular sensor: Study on the analysis and evaluation of super-rarefied gas flow using a functional molecular sensor
実施期間:1999 - 2003
研究概要:
超希薄気体流はKn数(平均自由行程/代表長さ)の高い流れであり、平均自由行程の大きい高層大気の流れや真空装置内の流れ、または代表長さの小さいマイクロシステムなどに分類される。本研究では、このような場における非平衡流れ、面-分子干渉、マイクロシステム内部流れなどの熱流体現象を、機能性分子センサ(OPMS)、共鳴多光子イオン化法(REMPI)やレーザー誘起蛍光法(LIF)などの光学計測技術を利用して計測、解析し、データベース化する。さらに、これらのデータを超希薄流の有力な解析法であるモンテカルロ直接法や分子動力学法による数値計算結果の検証に利用し、さらには超希薄気体流の物理モデルの構築にも利用する。(k2001.10)
キーワード (3件):
機能性分子センサ ,  超希薄気体流 ,  感圧塗料
プロジェクト名: 機能性分子による熱流体センシング技術の研究開発
研究制度: 科学技術振興調整費
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る