研課題
J-GLOBAL ID:200904010956028803  研究課題コード:0450021040 更新日:2003年12月15日

核医学における研究 高血圧性脳出血急性期の脳循環代謝に関する研究

Studies in nuclear medicine: Cerebral circulation and metabolism in acute intracerebral hemorrahage
実施期間:2002 - 0
研究概要:
急性期における高血圧性脳出血に伴う血腫周囲脳組織の循環障害を明らかにする研究を行った。畑澤らは,一側性被殻出血8例に対して発症28時間以内にPET測定を行い脳血流量,脳血液量,脳酸素摂取率,脳酸素消費量を測定した。その結果,急性期被殻出血の線状体動脈灌流域では,脳血流の自動調節機能が消失し,体循環血圧依存性の脳循環になっていること,血腫周囲には脳梗塞を引き起こす程のmisery perfusionを認めないことを示した。

前のページに戻る