研課題
J-GLOBAL ID:200904011481675279  研究課題コード:9800044766 更新日:2003年12月15日

ウールパウダーによる綿ニットの高機能化に関する研究

Study on highly functionalization of cotton nitted goods using wool powder
実施期間:1996 - 1997
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
綿ニットの肌着は最も多く利用される定番製品である。しかし現在は各種加工により高機能化の研究開発が盛んに行われている。そこで,丸編機により綿ニットを試作し精練漂白を行い,ウールパウダーとウールの溶解液(タンパク液)を後加工試作し精練漂白を行い,ウールパウダーとウールの溶解液(タンパク液)を後加工により綿ニットに付着させ,表面加工効果によりどのような特性の変化が得られるか測定,分析し,新しい機能を持つ綿ニット開発のための基礎資料を得る
キーワード (4件):
綿 ,  繊維改質 ,  機能材料 ,  繊維特性
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 75(千円)

前のページに戻る