研課題
J-GLOBAL ID:200904011732454595  研究課題コード:9800042154 更新日:2000年10月01日

生地組成が引染加工に及ぼす影響

Study on effect of cloth material composition on hand printing
実施期間:1997 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
スレは生地表面が湿潤状態で摩擦されると発生しやすく,剥離した細かい繊維が羽毛状となる。染色布は,そこで光の乱反射,透過を起こし白けて見えるが,先にスレの発生していた生地に引染を行うと,その部分に染料がたまり濃く見える。数種類の組織の生地に段階的にスレを発生させ,浸染および引染を行う。これと先に染色したものとスレと染色性について検討する
キーワード (5件):
染色 ,  染めむら ,  染色性 ,  布特性 ,  表面性状
研究制度: 経常研究

前のページに戻る