研課題
J-GLOBAL ID:200904011904823407  研究課題コード:0250005720 更新日:2001年11月26日

ものづくりにおける技能の継承システムに関する研究開発 多孔質砥石の製作に関する研究

Studies and developments of tradition system in manufacturing skill: Fabrication of porous metal bonded wheels
実施期間:2000 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
研削砥石の目詰まりを解決するために,研削した切り屑が多孔質な母材に侵入する多孔質メタルボンドダイヤモンド砥石の製作を行った。焼結には,短時間で焼結できるプラズマ放電焼結法を用いて,Fe-Cu,Fe-Cu-C系試料を作成し,開気孔率及びブリネル硬度を測定した。その結果,Fe-2Cu-2Cを1273Kで焼結した試料がブリネル硬度220となり,従来材を超える硬度を示した。また,通電経路などを検討した砥石形状の黒鉛型を作成して焼結したところ,軸付砥石に焼結成形することができた。
研究制度: 経常研究

前のページに戻る