研課題
J-GLOBAL ID:200904012560027467  研究課題コード:0150002300 更新日:2001年03月16日

水路の磨耗・損傷負荷に関する研究

Study on erosion and damage of water channels
実施期間:1999 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
ダム堆砂対策施設やトンネル導水施設等、土砂流下が考えられる河川の水理構造物の設計においては、土砂の流下に伴う摩耗や損傷が懸念され、水路ライニング手法の適正化や維持管理手法の合理化が求められている。そのためには、土砂流下による水路の摩耗・損傷量を的確に把握・評価する必要があり、本研究は摩耗・損傷量を評価するための基礎的検討として、砂礫が水路に与える衝撃力の測定方法を確立することを目的とする。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る