研課題
J-GLOBAL ID:200904013320699197  研究課題コード:2721 更新日:2013年10月07日

遺伝子改変細胞キメラ培養による神経回路網形成機構の解明

実施期間:2003 - 2006
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
これまでの研究では、神経回路網形成への関与が想定されてきた神経栄養因子に注目し、蛍光蛋白質標識遺伝子ベクターの細胞核内への直接注入法を開発、神経栄養因子が神経活動とともに標的細胞に移行することを発見した。 本課題では、複数の遺伝子改変神経細胞のキメラ培養標本を作製し、神経栄養因子の移行が回路網形成に果たす役割の解明を目指す。出身事業:戦略的創造研究推進事業(CREST) 「脳を知る(京都)」
研究制度: 戦略的創造研究推進事業 発展研究
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る