研課題
J-GLOBAL ID:200904013371211296  研究課題コード:0550030614 更新日:2005年11月15日

高機能性π電子ナノ材料の設計と検証

実施期間:2005 - 2007
研究概要:
多彩な物性を示すπ電子を備えた高機能性軽元素ナノ材料の創製を目指して計算設計と実験的検証を学際的に実施する。π電子は純粋には炭素物質にのみ存在するが、ナノメータ物質ではバルクと異なる電子配置が起きるために他の元素でも可能になることを極最近になって当申請者等はケイ素の環状化合物や平面鎖状オリゴマーについて理論的に予見した。ナノメータ物質は同じ種類の原子で作られていても、大きさ(原子数)を変えるだけで構造と物性が著しく変化する際立った特徴があり、物質設計に膨大な自由度を与える。材料開発において環境や生体適合性に対する要求が厳しさを増す中で、安全な元素の種類は次第に限られてくる。種類に依存しない自由度の拡大は極めて貴重である。しかもπ電子の可能性は見逃せない。他の元素でも炭素と同じように実に多種多様な機能を備えた物質が作り得るからである。毒性の少ない軽元素に着目してナノ材料の設計と検証を試みる。
キーワード (1件):
ナノ材料 π電子系 シリコン
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 高橋まさえ
研究制度: -

前のページに戻る