研課題
J-GLOBAL ID:200904013657412914  研究課題コード:0250002192 更新日:2005年03月23日

テラヘルツ帯コヒーレント光源の開発

Development of coherent light source of terahertz band
実施期間:2000 - 0
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
テラヘルツ帯(遠赤外・サブミリ波)には原子・分子線が豊富に存在するため,この領域での高分解能スペクトル観測は星間ガスを研究するために重要である.このような観測にはヘテロダイン検出が有望であり,これには局所発振器としてコヒーレント光源が必要である.この波長域では大気吸収が非常に強いためにスペースからの観測が必要であるが,衛星などへの搭載が可能な小型・高効率のコヒーレント光源が存在しなかった.我々は2波長のレーザーを超高速光伝導素子で混合して差周波数を発生する原理を用いたテラヘルツ発振器を開発してきた.この光源の性能は実験室分光用としての実用レベルに達しており,実験室にて星間ガス中に存在する様々な分子スペクトルのデータが取得されている.さらに出力と周波数精度の向上,および周波数帯域の拡大を目指して,レーザー波長安定化や進行波型光伝導デバイスの開発を行っている.
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A089001000)
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る