研課題
J-GLOBAL ID:200904013737605748  研究課題コード:1191 更新日:2013年10月07日

温暖化ガスにかかわる永久凍土攪乱の抑制技術

実施期間:1998 - 2003
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
シベリア永久凍土では森林火災やパイプラン敷設などの永久凍土攪乱に起因して、二酸化炭素やメタンガスが放出している。これらの温暖化ガス放出を抑制するために、森林火災の発生実態現地観測を実施し、現状では、シベリアタイガが温暖化ガスの吸収源ではなく、発生源であることを確認した。また衛星画像解析による火災の早期検知・延焼予測システムを確立し、火災の抑制によって、二酸化炭素発生量を軽減させることが可能となった。併せて現地実規模実験結果によって、パイプラン敷設建設の安全指針を提案した。
研究制度: 戦略的創造研究推進事業(チーム型研究)
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
報告書等 (6件):
もっと見る
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る