研課題
J-GLOBAL ID:200904013768122435  研究課題コード:0150002424 更新日:2001年03月16日

災害復旧作業における高分解能衛星データ利用に関する研究

Study regarding use of high resolving power satellite data in disaster restoration work
実施期間:1999 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
土砂災害等の災害発生時には、被災規模など様々な情報を短時間で収集・把握し、復旧作業を安全かつ速やかに行う必要がある。また、最近では衛星リモートセンシングデータの精度が向上し、広範囲かつ高精度な地表のデジタル情報が取得可能となってきた。このため本研究では、現在用いられている現場写真などに加え、衛星データを利用することで、より的確に現場状況を把握し、二次災害を防止するともに効果的な災害復旧計画を立案することが目的である。11年度は、過去の災害事例および衛星データについての文献調査を行い、各復旧段階で要求される情報特性を整理した。今後は現在の取得情報と衛星データを絡めた効果的な情報の提案、衛星データへの要求手法をとりまとめる予定である。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る