研課題
J-GLOBAL ID:200904013923621788  研究課題コード:9800040641 更新日:1997年03月17日

ブナ科樹木の親子関係を解明するためのプライマーデザインとその応用

Primer design for elucidation of parental relation of fagaceous trees and its application
実施期間:1995 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
DNAフィンガープリンティングのようにDNAを遺伝子マーカーとした親子判定や個体識別が可能になり、この手法を用いた研究が大きく発展している。しかし、高等植物では有効なプローブが少なく、特に樹木ではほとんどない状態である。本研究では、マイクロサテライトを用いた新しい遺伝子マーカーを使って、従来、不可能だったブナ科樹木の親子判定を行い、これら樹木集団の更新過程と遺伝構造を明らかにする。
キーワード (5件):
ブナ科 ,  親子関係 ,  プライマ【遺伝】 ,  森林更新 ,  標識
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
農林水産省
研究予算: 1995年度: 9,339(千円)

前のページに戻る