研課題
J-GLOBAL ID:200904014341548179  研究課題コード:9911003109 更新日:2004年12月02日

シビアアクシデント時の気泡急成長による水撃力に関する研究

A Study on Waterhammer followed by Rapid Growth of a Large Bubble at a LWR Severe Accident.
実施期間:1998 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
軽水炉のシビアアクシデント時には,水蒸気爆発などにより発生する気体により急加速を受けた水塊が格納容器に水撃力を及ぼすが,水撃力の大きさを決定づける水塊運動のコヒーレント性(同時性と同方向性)が不明であるため,シビアアクシデント時の格納容器破損確率に大きな不確定性が残されている。本研究は,気泡成長速度などが水塊運動のコヒーレント性に与える影響を明らかにし,格納容器への水撃力推定手法を確立することを目的としたものである。
キーワード (5件):
シビアアクシデント ,  水蒸気爆発 ,  水撃 ,  水塊運動のコヒーレント性 ,  格納容器破損
プロジェクト名: シビアアクシデント時の気泡急成長による水撃力に関する研究
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 独立行政法人海上技術安全研究所 (A144000000)
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 綾 威雄
研究制度: 国立機関原子力試験研究費
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
国立研究開発法人海上技術安全研究所
研究予算: 2001年度: 16,260(千円)

前のページに戻る