研課題
J-GLOBAL ID:200904015608011745  研究課題コード:0250001824 更新日:2003年12月12日

交通事故による精神的後遺症に関する研究

A study on the psychological sequela of motor vehicle accidents
実施期間:2001 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
毎年,多数の人々が交通事故により負傷している。交通事故による身体的な後遺障害は認知されているが,精神的後遺症は,ほとんど注目されてこなかった。本研究の目的は,交通事故被害の精神的後遺症と,精神的後遺症の危険因子を明らかにすることである。東京近郊地区において室質問紙調査が実施され493人の回答が得られた。GHQ20により60%の被験者が精神健康に問題があると判定された。また,多くの被験者にPTSDの症状が見られた。精神的後遺症の危険因子は,経済的困窮や,身体的後遺症などであった。先行研究は,恐怖に対する精神障害(PTSD)という視点で交通事故の精神的後遺症を理解しているが,本研究の結果は,交通事故後の環境が被害者の精神的後遺症に重大な影響を与えることを示している。
キーワード (3件):
交通事故 ,  精神健康 ,  PTSD
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
警察庁
研究所管機関:
警察庁 科学警察研究所

前のページに戻る