研課題
J-GLOBAL ID:200904015838481996  研究課題コード:9800028670 更新日:2001年11月30日

弾性波伝達関数法による材料や構造物の欠陥や強度の定量解析

Quantitative evaluation of defect and strength of materials using Elastic Wave Transfer Function Method
実施期間:1990 - 2001
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
物質中を伝達する弾性波の伝達関数には物質の多くの性質が反映されている。この伝達関数を解析し,材料の強度や欠陥の状態を非破壊で知る手法を開発した。この手法はポリマー破壊過程の研究をはじめとし,医療分野での人工関節の評価,土木工学分野ではダムやトンネルの検査にも用いられている
キーワード (7件):
欠陥検査 ,  非破壊検査 ,  弾性波 ,  伝達関数 ,  定量的分析 ,  強度 ,  パワースペクトル
研究制度: 経常研究
研究予算: 1997年度: 5,000(千円)

前のページに戻る