研課題
J-GLOBAL ID:200904016010304728  研究課題コード:9800006958 更新日:1994年12月13日

ハンセン病の再発防止に関する研究

Studies on Hansen's Disease (leprosy) contorol in Osaka
実施期間:1988 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
大阪府下を中心に,ハンセン病患者は約100人在宅している。これらの患者は大部分が高齢化しており,免疫力低下のためか再発を起こしてくるケースがある。血清中の抗らい抗体価の変動を追うことにより,ある程度再発が予測できる。再発防止のため治らい薬を内服することは,有効な手段である
キーワード (9件):
らい ,  再発 ,  大阪 ,  患者 ,  老化 ,  免疫 ,  抗体価 ,  らい菌 ,  抗細菌薬
研究制度: 経常研究

前のページに戻る