研課題
J-GLOBAL ID:200904016400820484  研究課題コード:0150003652 更新日:2004年01月30日

IT応用生産システムに関する研究

Study on manufacturing system using open oriented information technologies
実施期間:2000 - 2002
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
中小規模企業を中心に,生産品種や生産数量の大幅な変動にも対応可能な製造システムが求められている。従来,このような生産形態に対し,多くの中・小規模企業は,昼間に生産数量が少ない製品を人手に頼って製造し,夜間は自動化して,生産数量がまとまった製品を製造するなどの工夫を行っている。しかし,近年の受注変動が著しくなっている状況は,既存の運用方法の継続を困難にしている。一方,製造システムにインターネットやオープンコントローラなどのオープン性を指向する情報技術を用いた生産支援システムが提案されてきている。しかし,それらの生産支援システムは,大規模企業の比較的規模の大きい製造システムを対象としたものが多く,必ずしも中小規模の製造システムにそのまま活用できるとは限らない。そこで,本研究では,中小規模な製造システムに焦点を絞り,インターネットやオープンコントローラなどのオープン性を指向する情報技術を活用して,自動化工程と,手作業工程を柔軟に組み合せたり,共存させたりすることで,製造システムの柔軟性を確保するITを応用した中小規模向け生産システムについて研究を行うものである。
研究制度: 補助金
研究予算: 2002年度: 33,436(千円)

前のページに戻る