研課題
J-GLOBAL ID:200904016504621971  研究課題コード:9800035264 更新日:1996年04月03日

開発途上国の環境改善に貢献する国際通信の役割と展望

Telecommunication and environmental problem in the developing countries
実施期間:1994 - 1995
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
近年,開発途上国においては,都市部を中心に環境悪化が深刻な社会問題となっている。一方では,これらの地域において様々な電気通信システムが着実に普及しつつある。本研究は,開発途上国の環境改善に貢献する手段のひとつとして,電気通信利用の可能性を探ろうとしたものである。具体的には,東南アジア諸国を対象とした文献サーベイと,タイのバンコク首都圏におけるケーススタディを実施した。1)電気通信と環境問題の関連,2)バンコック首都圏における交通代替効果試算,3)電気通信の役割と課題,途上国の環境改善に貢献する電気通信の役割と課題は以下の5点に集約される。a)電気通信インフラは途上国の環境改善に寄与する。b)環境改善効果についての実証的データの収集・分析が不可欠である。c)電気通信サービスの普及が交通代替の重要な鍵となる。d)通信代替できる対象は限定される。e)国・地域の社会制度・文化に対する配慮が必要である
キーワード (9件):
発展途上国 ,  環境保全 ,  国際通信 ,  インフラストラクチャー ,  国際協力 ,  社会システム ,  文化 ,  事例研究 ,  東南アジア
研究制度: 経常研究
研究予算: 1995年度: 0(千円)

前のページに戻る