研課題
J-GLOBAL ID:200904016528994825  研究課題コード:9800020085 更新日:2009年10月22日

すいか新作型並びに機械化省力技術の開発による産地強化 1)新作型(7月上旬取り)栽培技術体系の確立,2)機械化による省力技術の確立

Advancement of producing areas of watermelons by development of new cropping types and machanized labor-saving techniques 1) Systematized cultivation for new cropping type (harvesting at the beginning of July, 2) Lobar-saving tehniques bymachanization
実施期間:1992 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究分野 (1件): その他
研究概要:
収穫作業の軽減を図るため,すいかの圃場からの搬出方法について検討する
キーワード (6件):
スイカ ,  作型 ,  機械化 ,  省力化 ,  収穫 ,  運搬
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 2,327(千円)

前のページに戻る