研課題
J-GLOBAL ID:200904016942514193  研究課題コード:9800017155 更新日:1993年02月05日

金属とその他の先端材料との接合の界面構造学的実験研究

Experimental study on joint interface structure of metal and other advanced materials
実施期間:1992 - 1992
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
銀とビスマス系超伝導酸化物との接合界面の構造をトンネル効果顕微鏡により面内観察する一方,高分解能電子顕微鏡により断面観察し,この界面が直接接合界面であって熱応力緩和機構を備えていることを明らかにした。この結果は並行して行われている銀とビスマス系超伝導酸化物とのナノ結晶複合体に超塑性機能を付与し超伝導線とする研究にも有効である
キーワード (9件):
溶接金属 ,  接合部 ,  電子顕微鏡観察 ,  銀 ,  超伝導体 ,  ビスマス化合物 ,  酸化物 ,  界面 ,  トンネル効果
研究制度: 経常研究
研究予算: 1992年度: 1,300(千円)

前のページに戻る