研課題
J-GLOBAL ID:200904017007666542  研究課題コード:0250006809 更新日:2005年01月11日

高周波バリア放電を用いたディーゼル排出ガス後処理装置の可能性試験

Possibility examination of post-treatment device of exhaust gas out of diesel engine by using high frequency barrier discharge
実施期間:2002 - 2003
研究概要:
ディーゼル排出ガス後処理装置として、バリア放電技術を触媒技術を複合化して、排気ガス中のNOxとPMを高効率で無害化する小型後処理システム開発のための基礎試験を行う。
キーワード (1件):
高周波バリア放電
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (J193000000)
研究制度: -

前のページに戻る