研課題
J-GLOBAL ID:200904018063812426  研究課題コード:9800001868 更新日:2005年11月30日

中性子モニタリングにおける飛跡の放電計数法に関する研究

Studies on spark counting techniques of solid state tracks for neutron monitoring
実施期間:1967 - 2007
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
わが国で入手できるポリカーボネートフィルムを飛跡検出用フィルムとして、得られた核分裂片飛跡を放電計数法により計数する場合の基礎的検討を行うとともに、中性子線量評価を行う.飛跡検出用フィルムとしてその他硝酸セルロースなどについても行っているが、さらに化学エッチングをしないで絶縁破壊計数法を進めフィルムとして酸化アルミニウム薄膜を利用して線量評価の検討を行っている。検出器としてCR-39に変え、ラドンの測定に応用する。
キーワード (9件):
核分裂片検出 ,  中性子線量測定 ,  ポリカーボネート ,  プラスチックフィルム ,  固体飛跡検出器 ,  酸化アルミニウム ,  硝酸セルロース ,  CR-39 ,  ラドン
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (2617023000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る