研課題
J-GLOBAL ID:200904018679591458  研究課題コード:9910000947 更新日:2001年12月14日

ブタ胚のガラス化保存に関する研究

Study for the vitrification of porcine embryos
実施期間:0 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (10件):
研究概要:
ブタ胚は低温に対する感受性が他の家畜ら比較し極めて高く,凍結による胚の長期保存技術が確立していないのが現状である。その一方で,高濃度の凍結保護物質を用いて急速冷却し,無氷晶状態で保存するガラス化法が,マウスやウシ胚の長期保存法として確立されつつある。ブタ胚においても過去にこの手法による分娩例1)があり,その再現性を確認するためガラス化保存したブタ胚を7頭の受胚豚に移植し,その結果6頭に発情遅延が見られ,その内2頭が分娩に至りこの手法の再現性が確認された。
キーワード (3件):
ブタ胚 ,  胚移植 ,  ガラス化保存
研究制度: 経常研究

前のページに戻る