研課題
J-GLOBAL ID:200904018922322894  研究課題コード:9800046687 更新日:2003年12月15日

竪穴空間における煙制御技術

A smoke control technique for vertical hole spaces
実施期間:1996 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
ビル火災における煙の被害は多くの場合、出火階よりも上階で発生しており、階段、エレベーターなどの竪穴空間は、火災時に上階への煙伝播の主要な経路となる可能性があるものとして、従来よりその防煙対策の重要性が指摘され、建築基準法にも竪穴区画の規定が設けられている。しかし、エレベーター扉は気密性が悪く、また、階段もシャッターや重い防火扉を使用する区画であるため、閉鎖による区画の確実性も低く、煙による危険性は残されたままとなっているのが現状である。本研究は、この様な火災時における竪穴空間の危険性の解明と、その防煙対策として竪穴空間への給気加圧法などによる煙制御技術についての基礎的資料を得ることを目的に行うものある。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究予算: 1998年度: 650(千円)

前のページに戻る