研課題
J-GLOBAL ID:200904019463472760  研究課題コード:0250003308 更新日:2003年12月15日

良食味・高品質米の生産安定技術の確立 (1)極早生・高品質米生産安定技術の確立

Establishment of stable production technique for good taste and high quality rice: (1) Establishment of stable production technique for very early high quality rice
実施期間:2000 - 2002
研究概要:
平成12年度供試の2系統及び平成13年度供試の2系統は、現在の奨励品種の代替には不適と判断された。平成14年度供試の3系統「千葉26号」、「千葉27号」、「千葉28号」で、成熟期が「初星」並で、多収、品質・食味が良好な「千葉28号」が有望と認められた。本年の結果からは基肥窒素施用量は6kg/10aが適当であった。
キーワード (4件):
水稲 ,  栽培法 ,  有望系統 ,  極早生
研究制度: 経常研究

前のページに戻る