研課題
J-GLOBAL ID:200904020528937225  研究課題コード:9800040637 更新日:1997年03月17日

高等植物ミトコンドリアにおけるRNAエディティングの実態及びその機構解明

Elucidation of actual state of RNA editing and its mechanism on higher plant mitochondria
実施期間:1995 - 1995
研究概要:
RNAエディティングは、DNAよりmRNAに遺伝情報が転写された後、mRNAにおいて遺伝情報が編集され、DNAの塩基配列とは異なる遺伝情報が発現する現象で、新しいタイプの遺伝情報修飾機構である。これは、オルガネラ遺伝子の発現制御エディティング機構の起源・ゲノム再編成との関わりなど、植物オルガネラの機能・進化等について、多くの興味深い研究テーマを提供している。本研究は、ミトコンドリア遺伝子におけるエディティングの実体を明らかにするとともにエディティング部位の認識機構の解明、エディティング活性を持つミトコンドリアタンパクの単離手法の開発を行う。
キーワード (5件):
ミトコンドリア遺伝子 ,  RNAエディティング ,  ミトコンドリア ,  蛋白質 ,  顕花植物
研究制度: 科学技術振興調整費による重点基礎研究
研究所管省庁:
農林水産省
研究予算: 1995年度: 11,851(千円)

前のページに戻る