研課題
J-GLOBAL ID:200904020715784564  研究課題コード:0150002539 更新日:2001年03月16日

積算改善検討調査

Examination and survey on improvement in integration
実施期間:1992 - 0
研究概要:
建設事業を取り巻く環境は急激に変化しており、これに対する建設行政施策の迅速な対応が重要な課題となっている。今後、社会資本整備の増大が見込まれる中、建設事業の工事関連業務の効率化、合理化を図る必要があり、新土木工事積算大系の構築を実施してきた。今後は積算体系の整備・改善、保守作業並びに、これらの業務の有機的な連携をはかるとともに、電子媒体による情報共有化および業務のシステム化を図ることが求められている。11年度は、土木工事共通仕様書については、改訂作業をネットワークを介してリアルタイムに行うためのSGML/XML化についての動向調査を行い、今後の土木工事共通仕様書改訂作業の更なる効率化を目指すための検討を行った。また、工事積算の合理化については、各地建から発注されている工事の積算データをデータベース化し、積算の合理化検討を行うための基礎データ作成を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る