研課題
J-GLOBAL ID:200904020812457195  研究課題コード:9950000038 更新日:2001年12月11日

「ようこう」による太陽コロナ活動現象の研究

Study on solar corona activities by satellite 'YOKO'
実施期間:1997 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
「ようこう」はフレア爆発をはじめとする太陽コロナ活動の解明を目的として、 1991年8月30日に鹿児島宇宙空間観測所より打ち上げられた。打ち上げ6年 を経過した現在も、硬X線望遠鏡、軟X線望遠鏡、(日米共同開発)、広帯域 分光器、フラッグ結晶分光器(日英共同開発)の4種の搭載機器は、ほぼ完 璧な観測を続けている。近年は後発のESA,NASA共同のSOHOミッションとの 共同観測を精力的に行っている。研究活動はいよいよ最盛期を迎えており、 国内外の太陽物理学研究者を組織して、以下のような研究活動を展開した。 (1)フレア爆発に伴うプラズモイド放出現象の軟X線撮像による磁気リコネク ション説の検証、(2)フレア電子からの放射である硬X線とマイクロ波電波の 撮像結果を比較してのフレア領域の磁場構造の推定とフレア爆発機構、粒 子加速機構の解明、(3)これらの研究の基礎としての硬X線望遠鏡及び軟 X線望遠鏡の撮像装置特性理解の深化
キーワード (5件):
科学衛星 ,  ようこう ,  太陽コロナ ,  観測 ,  X線望遠鏡
研究制度: -
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る