研課題
J-GLOBAL ID:200904021062889787  研究課題コード:9800009179 更新日:2006年03月03日

カボスの隔年結果防止技術の確立 1)着花に及ぼす温度と樹体栄養 2)樹形・せん定と収量・品質

Preventive techniques on alternate bearing of Kabosu (Citrus sphaerocarpa), 1) Effects of temperature and tree nutrition to fruit set, 2) Effects of tree form and pruning to fruit quality and yield.
実施期間:1990 - 1994
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
内陸部で隔年結果性が強く見られるため,温度・樹体栄養と花芽分化,樹形,樹相着花負担,生育期の施肥と着花性及び収量について検討する
キーワード (14件):
ミカン類 ,  レモン ,  結実 ,  開花 ,  樹木 ,  栄養 ,  整枝 ,  収率 ,  品質 ,  内陸 ,  花芽形成 ,  分化 ,  温度 ,  施肥
研究制度: 経常研究
研究予算: 1994年度: 0(千円)

前のページに戻る