研課題
J-GLOBAL ID:200904021796706550  研究課題コード:0250003792 更新日:2004年10月29日

内分泌撹乱物質の計測手法及び評価手法の開発 内分泌撹乱物質の高感度分析手法の開発及びそれを用いた環境中濃度の把握 内分泌撹乱物質の食品用器具,容器包装中の検索と食品への移行性,並びに環境経由食品汚染の評価手法の開発

Development of measurement method and evaluation method of substance disturbing internal secretion : Development of high-sensitivity analytical method of substance disturbing internal secretion and detection of concentration in environment by using this method : Detection of substances disturbing internal secretion contained in utensils, containers and wrapping for foodstuffs, and development of evaluation method of transition ability into foodstuffs and of food contamination via environment
実施期間:1998 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
(k2001.10)
プロジェクト名: 生活者ニーズ対応研究 内分泌撹乱物質による生殖への影響とその作用機構に関する研究
プロジェクト実施機関 (1件):
  • 東京大学(A048000000)
プロジェクト代表研究者 (1件):
  • 名誉教授 鈴木 継美
研究制度: 科学技術振興調整費
研究所管省庁:
文部科学省

前のページに戻る