研課題
J-GLOBAL ID:200904021806745410  研究課題コード:0250000621 更新日:2001年11月01日

三次元彫刻器を用いた立体成型技術の開発

Developoment research of 3-D cutting method using a 3-D sculpture machine
実施期間:2000 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
高化学的耐久性フリットを煤溶材として試作した日本画絵具描画試料(約20種類)と顔料のみの描画試料について耐窒素酸化物ガス特性を検討した。その結果、試作絵具(描画)試料の明度変動は極めて小さく良好であったが、色度b(黄色方向の変化)は変動した。この原因を検討したところ、描画試料に用いた和紙、膠等の有機物が二酸化窒素ガスにより変色し、それが環境対応機能性フリット試作絵具試料の色度測定結果に影響を与えてることが判明した。
キーワード (2件):
立体成型 ,  切削
研究制度: 経常研究

前のページに戻る