研課題
J-GLOBAL ID:200904022017965746  研究課題コード:9800003454 更新日:1994年12月13日

微量金属の吸光光度定量

Spectrophotometric determination of several trace metal ions
実施期間:1980 - 1993
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
フェニルフルオロンは陽イオン性界面活性剤と単座配位子の共存下において,数種の金属イオンと鋭敏な呈色反応を行う。この高感度反応を利用してより低濃度の各種金属イオンの吸光光度定量法を確立するための研究を行う。すでにコバルト,ニッケル,銅,亜鉛,パラジウム,イットリウム,ガリウムについては報告した。目下他のレアメタルについて検討中である
キーワード (15件):
呈色反応 ,  吸光分光分析 ,  定量分析 ,  痕跡分析 ,  微量元素 ,  金属元素 ,  キレート化 ,  発色試薬 ,  ベンゼン誘導体 ,  三環 ,  ベンゾピラン誘導体 ,  芳香族ケトン ,  多価フェノール ,  フェニルフルオロン ,  レアメタル
研究制度: 経常研究
研究予算: 1993年度: 50(千円)

前のページに戻る