研課題
J-GLOBAL ID:200904022118018004  研究課題コード:9800047084 更新日:2004年11月01日

微生物の機能活用・増強による環境修復手法の開発(新産業創出フロンティア研究)(農業環境技術研究所)

Development environment recovering procedure by applying and enforcing function of microbes. (Frontier study on creation of new industry)
実施期間:1996 - 2000
研究概要:
1)研究目標 農耕地等に拡散した汚染物質に対して、客土等の処理では二次汚染の恐れや、広範囲な汚染に対応できないことから、汚染物質を分解する微生物が着目され、分解微生物も一部発見されているが、実際の汚染現場に適用するには、分解能力が十分でない。このため、難分解性汚染物質を分解する微生物を広く探索し、分解微生物について、DNA組換え技術による分解機能の増強を行うとともに、環境中での分解微生物の活性を強化する手法を開発する。 2)研究計画 DNA組換え技術による微生物の汚染物質分解機能の増強及び分解微生物の機能発現条件の解明と環境中での活性化手法の開発。
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (A121000000)
研究制度: 新産業創出フロンティア研究
研究所管省庁:
農林水産省
研究予算: 1996年度: 51,089(千円)

前のページに戻る