研課題
J-GLOBAL ID:200904022498114736  研究課題コード:0150000543 更新日:2004年10月26日

磁気探傷法(録磁探傷法)によるき裂深さの評価技術の開発

Development of the evaluation of the crack depth by the magnetic inspection method
実施期間:2000 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
機器・構造物の寿命評価を行うためにはき裂の測定が不可欠である。そこで,機械構造用炭素鋼鋼材,低合金鋼鋼材,球状黒鉛鋳鉄に疲労き裂を作成し,それらの試験片について,磁気テープまたは磁気シートへの漏洩磁束の記録を行う。また,き裂の直接測定と録磁信号との比較を行い,測定によるき裂大きさの定量評価について検討を行う。
キーワード (3件):
寿命評価 ,  疲労き裂 ,  磁気検査
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E003000000)
研究制度: 官民連携共同研究
研究予算: 2000年度: 500(千円)

前のページに戻る