研課題
J-GLOBAL ID:200904022749655049  研究課題コード:0250000578 更新日:2007年12月18日

大村湾水質浄化対策事業 (1)人工海浜,築磯等による湾内浄化・生態系回復に関する研究 (2)藻場形成による湾内浄化と生産物の有効利用に関する研究 (3)廃棄物等の活用による陸域の窒素・リン削減に関する研究

The Omura Bay water purification countermeasure project: (1) The research on purification in the bay and ecosystem recovery by artifical beaches and reef construction, etc: (2) The research on purification in the bay by the marine forest formation and efficient use of the product: (3) The research on reducing nitrogen and phosphorus of the land by the efficient use of a waste, etc
実施期間:2001 - 2005
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
(1)人工海浜・築磯等による湾内浄化・生態系回復に関する研究。生態系の回復の浄化技術として最も効果の高い,海浜,築磯,干潟につき,大村湾内での浄化について実証試験を行う。(2)藻場形成による湾内浄化と生産物の有効利用に関する研究。大村湾内の藻場の形成と,藻場生産物の有効利用に関する研究を他の研究機関と連携して行い,湾内の恒久的浄化を図る。(3)廃棄物等の活用による陸域の窒素・リン削減に関する研究。大村湾の窒素・リン負荷を削減するため,浄化材に可能な限り廃棄物を活用した浄化装置の開発を行うとともに,使用後の浄化材は再利用あるいは自然に還元することが可能なものを開発する。
キーワード (9件):
浅場 ,  生態系回復 ,  水質浄化 ,  藻場 ,  廃棄物 ,  窒素・リン ,  浄化装置 ,  浄化材(担体) ,  循環
プロジェクト実施機関 (1件):
  • (E551000000)
研究制度: 経常研究

前のページに戻る