研課題
J-GLOBAL ID:200904022803666620  研究課題コード:9800045541 更新日:2003年12月15日

工場排ガス中のばいじんに含まれる凝縮性ダストについて

Study on dust and condensed dust emitted from stationary sources
実施期間:1997 - 1998
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (6件):
研究概要:
都市ごみ焼却炉と重油ボイラーから排出される凝縮性ダストについて調査した。その結果,「水-間接冷却法」ではドレンに捕集される凝縮性ダストが多くて,ばいじん量の2〜7割前後を占めるが,これに含まれる水溶性成分の分析値や「空気-直接冷却法」の測定例から,多くはガス状成分として捕集された可能性が認められた。また,この両捕集方法の比較から空気直接冷却法の実用の可能性が得られた
キーワード (9件):
大気汚染質 ,  塵あい ,  排ガス ,  焼却炉 ,  都市ごみ ,  ボイラ ,  水冷 ,  空気冷却 ,  公害計測
研究制度: 経常研究

前のページに戻る