研課題
J-GLOBAL ID:200904023137744006  研究課題コード:9910001107 更新日:2000年10月01日

編織物の表面形態変化の評価方法

Assessment method for morphological change of surface of knit or woven textiles
実施期間:1998 - 1999
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (4件):
研究概要:
合繊の高率混紡糸・かさ高加工糸・フィラメント糸使いの編織物を素材にした製品が広く出回っているが,これらの製品は防しわ性や取扱い性に優れている反面,着用時の糸の引き抜けやピルの発生などの表面形態変化であるスナッグを発生しやすい。そこで,合繊高率混紡糸およびフィラメント糸使いの編織物について,JISによるスナッグ試験((1)メース法(2)針布ローラー法(3)ダメージ棒法)を行い,試料と試験方法間の関連を検討する。組織,密度,糸の引抜抵抗性などの生地特性とスナッグ発生との関連について解析する。また,着用時のスナッグ発生の評価として,面ファスナーを用いた着用試験を行い,実用性能についても検討し,クレーム防止技術に役立てる。
キーワード (5件):
スナッグ ,  ピル ,  JIS ,  着用試験 ,  評価
研究制度: 経常研究

前のページに戻る