研課題
J-GLOBAL ID:200904023375730072  研究課題コード:0150002558 更新日:2001年03月16日

公共土木施設の耐震性水準の横断的整合に関する研究

Study on lateral matching of anti-vibration level in public civil engineering facilities
実施期間:1998 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
道路・河川管理施設等の社会基盤施設の耐震対策に際しては、地域で想定される地震動に対する地震時性能が国や地域の要求を満たすとともに、適切な投資配分のもとでリスクが最小化される必要がある。現在のところ各施設の耐震設計には施設毎に異なる基準が用いられており、地域全体として耐震対策投資が最適化されているかどうかが不明確である。本研究は、地域に存在する複数の社会基盤施設の耐震性水準を、相互の整合性を明確にしながら、合理的に設定するための手法について検討するものである。11年度は、道路・河川管理施設等についてパフォーマンスマトリクスの具体化を図ることを目的に、社会基盤施設の耐震性水準の概念整理、及び、各種構造物の耐震設計体系(入力地震動、計算モデル、性能評価パラメータ等)の横断的な比較分析を行った。
研究制度: 経常研究
研究所管省庁:
国土交通省
研究所管機関:
国立研究開発法人土木研究所

前のページに戻る