研課題
J-GLOBAL ID:200904023607517311  研究課題コード:9910001382 更新日:2010年07月01日

貯精嚢に適合する精液の処理方法

Improvement technique of fertilized egg percentage by artificial fertilization of frozen bee semen
実施期間:1999 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究分野 (1件): 応用生物化学
研究概要:
人工授精による有性卵率向上技術の成否は,女王蜂の産卵能力等が群勢推移や飼養管理の難易等に関連するので,これらを総合的に判断すベきである。そこで,凍結ミツバチ精液を人工授精した女王蜂の産卵能力を明らかにし,有性卵率向上技術の確立に役立てる。
キーワード (6件):
ミツバチ ,  凍結精液 ,  女王蜂 ,  有性卵 ,  産卵能力 ,  人工授精
プロジェクト名: 凍結ミツバチ精液の人工授精による有性卵率向上技術
プロジェクト実施機関 (1件):
  • E493000000
研究制度: 経常研究

前のページに戻る