研課題
J-GLOBAL ID:200904023860767014  研究課題コード:0150000429 更新日:2001年11月20日

オープンウェア(Linux)ソフトの工業技術への応用化研究(1/3)-オープンウェアを用いた開発システムの構築- (1/1)

Application study of open ware (Linux) for industrial techniques: Construction of developmental systems using open ware
実施期間:2000 - 2000
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (3件):
研究概要:
民生用機器等で急速に普及すると予想されるネットワーク接続型機器を作るために、オープンソースである基本ソフト(Linux)を用いたシステムを制作し、ネットワーク接続型機器の開発システムを構築する。 ア.オープンソースウェアおよびネットワーク接続機器の開発技術についての現状の調査 イ.最新研究動向および応用可能な基礎技術の調査 ウ.基本ソフトを載せるためのシステム構成の検討 エ.開発システムの構築/ ア.オープンソースのOSであるLinuxの開発動向および応用技術について調査を行った結果、Linuxネットワーク経由で機器の簡単なON/OFF操作やミリ秒以上の間隔でのモニタリング、制御データの転送などを行うことが可能であることが明らかになった。 イ.Linuxを使用したネットワーク接続型システムを開発するシステムの構築を行った。このシステム上でオープンソースウェアを利用することにより、LinuxおよびWindowsのクロス環境でのソフトウェア開発が可能となった。 ウ.上記開発システムを使用し、織物規格設計および製織工程で使用するネットワーク接続型システムの例として、織物組織図の設計・編集からドビー制御まで広範囲に使用されることを目的としたドビーデータフォーマットおよびクラスライブラリの設計を行った。
キーワード (4件):
Linux ,  ネットワーク ,  オープンウェア ,  IT
研究制度: 経常研究

前のページに戻る